気まま 気まぐれ 天然酵母

京都旅 その壱

京都の夏、盆地の夏はまた、格別!と聞いていたのですが・・・
そんな忠告を無視するように8月6日から1泊2日の京都旅行に行ってきました。(敢行したと言っても過言ではない?)

東京ももちろん、暑かったけれど、京都駅に降りたった瞬間、湿気で覆われる感じがして。
そのまま、バスに駆け込むものの、バスの中もじっとり暑く。冷房入ってる?と何度も立ち上がっては空気の吹き出し口に手を当ててしまいました。

そんなこんなしてるうちに、歌舞伎事前講座を受けるホールへ到着。
今回、このワーストシーズン?に京都を訪れたのには理由があります。
京都の重要文化財に指定されている平安神宮で開催される「坂東玉三郎 平安神宮 京の七夕歌舞伎」を観劇するために足を運びました。高まる期待を胸に、まずは予習を兼ねた講習会に参加。
ホールは気持ちよく冷房が効いており、熱心にメモを取る母を横目に記憶がどんどん遠ざかり。

しっかり、休養をとった後はお楽しみの夕食。
(観劇前に食事を済ませてしまうので、夕食は16:30!!病院以上に規則正しい生活かも)
夕飯は「六盛」という京料理の店に。なんでも、ここで出される手をけ弁当、人間国宝が作った器に盛られてくるというのです。
e0156620_10314069.jpg

どれが人間国宝の作品なのかしら?と首をかしげながら、食べ終わってしまった~人間国宝の器=陶器と思い込んでいたのですが、「手をけ」弁当ですから、メインは木製の桶だったんですね。
やはり、花より団子、お食事を美味しく頂いたらそれで、もう、満足。

そこから歩いて5分のところにある平安神宮。
京都の名所のひとつだから、てっきり古の建造物だと思っていたら、平安遷都1100年を記念して西暦1895年に創建。古と比較的現代の建物がしっくり馴染んでいるのも京都マジックでしょうか。
e0156620_10484942.jpg


会場には縦35列 横約100席 合計3500席が並べられ、圧巻。
e0156620_10492010.jpg


18:30に開演した時にはまだ、夏の夕焼けが会場を取り巻いていましたが、次第に夕闇が迫り、二幕目では、暗闇に玉三郎演じる美しい楊貴妃が浮かび上がり、会場のあちらこちらでため息がもれ聞こえてきました。
終演後の舞台挨拶(?)では、「玉ちゃ~ん」と黄色い歓声が飛び交って。おば様たちのアイドル、玉三郎さん、何度も何度もお見送りにいらっしゃり、歌舞伎座とはまた違った名残惜しさがありました。

それから、またバスでホテルに。
ところがこのホテルでも、空調の調子が悪く。長梯子を持った係員がやって来てチェックしてもらったけれど「こんなもんです」って。
あ~京都の夏、日本の夏・・・
[PR]



by eastyeast | 2011-08-08 10:58 | その他もろもろ

天然酵母のパン教室で起こる あんなこと、こんなこと
by eastyeast
プロフィールを見る
画像一覧

Profile

◆店主ことmakiko

代官山のイル・プルー・シュル・ラ・セーヌでフランス菓子本科、卒業研究課程を終了。

天然酵母を使ったパンとお菓子教室 eastyeastを東京都中野区東中野の一軒家で開催しています!

レッスンのお申し込み&お問い合わせはこちらまでお願いします。
貸切レッスン(3名様以上でお申し込みください)も承っております。
メール eastyeast2016(a)excite.co.jp
(a)を@に変えてお送りください。

最新の記事

11月レッスン
at 2016-11-29 17:46
もつ鍋
at 2016-11-12 14:25
初冠雪
at 2016-10-27 10:50
シュトーレン 注文受付中
at 2016-10-23 11:49
いろいろ試作中
at 2016-10-21 10:59

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧